消費材 de 食事パン-全粒粉入り! vol.46


【 完成すると… 】
*写真用意してる最中です。すみません…

 

【 めやすの材料 】(10個分)

_強力粉 200g
_全粒粉タイプ小麦粉 80g
_水(牛乳でもOK)~寒い日には人肌にあたためて。 180cc
_素精糖 大さじ1.5~2くらい
_ドライイースト 小さじ1
_マーガリン(バター、できれば無塩) 20g
_真塩 小さじ0.5~1
_(必要があれば)照り卵 少々

*生地がベタつく場合には、打ち粉が必要

分量はいつも、あくまでも目安です。

 

【 つくり方 】

(1)ボールに強力粉、全粒粉、素精糖、真塩、イースト、マーガリンの順で入れて、よくこねる。約10から15分程度、生地をブチぶちと切らないように、こねる。
両手の指先で生地をうすく伸ばして、きれいな薄い膜になるくらいまで。すぐに切れるようだとこね不足。
第一発酵は35℃で40分。ボールには油をひいて、生地をまとめて入れて、2倍くらいに膨らむまで、ゆっくりと時間をかける。
表面が乾燥しないように、ラップなどで密閉する。

(2)生地全体をぐっとこぶしで押し付けてガス抜きし、10等分に丸め10分間休ませる。
生地はちぎらずに、包丁やスケッパーでスパッと切る。ぼそぼその食感にならないように!
このベンチタイムを取ることで、生地ののびがよくなる。

(3)もう一度丸め直して、膨らむ間隔を十分に取ってから天板に並べる。
第二次発酵は35℃で40分。
このときも表面の乾燥を防ぐために濡らした清潔な布などをかけておく。

(4)あらかじめ190℃に温めておいたオーブンで15分焼く。
ガスのコンベックオーブンならば、180℃で13分程度焼く。

 

【 コツ&メモ 】

*全粒粉の割合は、比較的自由に変えてもOK.ただし、生地がべたつくので、打ち粉を調整するか、最初に入れる水分を少々少なめにするなど。

*スケッパーは必需品。パン作りを始めたい人はぜひお求めを。

*1次発酵まできちんと上手く行き、2次発酵が済んだ時点で最初の生地の2倍程度に膨らんでいれば、焼き終わった後の翌日でも、ふんわりしたままになる。もちろん、冷凍保存もOK.

*慣れるまで何回かは作らなければならないけれども、本格的なものでない限りは、手軽に作れます。
特にアレルギーを気にする方や糖分などを控えたい方は、手作りがおすすめ。
一つのパンでも、手作りの物だと腹持ちが全然違います。

*生活クラブの粉は、良質だと気が付くのがパン作り。古いかおりがせず、飽きがこないのが嬉しい!


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください