手作りの良さを実感!伊達巻き vol.31


【 完成すると… 】
*写真用意してる最中です。すみません…

 

 めやすの材料 】(少量ずつシェアして2人分)

_はんぺん 100g(高橋徳治商店のソフトはんぺん2枚)
_卵4個
_素精糖またはビートグラニュー糖 大1
_はちみつ 大1
_みりん 大1
_酒  大1
_(できれば)薄口醤油または白だし  小1
なければ、丸大豆しょうゆを小さじ1
_昆布だし 大2~3
多すぎると水っぽくなるので注意。卵の大きさが大きめのときは、ダシも少し多めに。
_塩少々(味をひきしめるため)

分量はいつも、あくまでも目安です。

 


【 つくり方 】

◇下準備◇
ざるでこす/あたり鉢でする/ミキサー/フードプロセッサー のやり方があるのでお好みで。

(1)はんぺんを細かく潰したら、卵調味料をいれ、なめらかになるまで混ぜる。

(2)温めたフライパンを、ホットケーキを作る感じで、濡れ布巾にフライパンを置いて流す。
ごくごく弱火にかけ約10~15分蒸し焼きにする。
蒸気が逃げないような蓋をするのがベター。
ガスコンロの違いと糖分があるので、こげこげにならないよう気をつける。
表面のたまごが指につかなければ出来上がり。
場合により、裏返して1分くらい焼いてもOK。

(3)クッキングペーパーか鬼すだれ・巻きすに焼き目を下にしておき巻く。
巻いたまま、しっかり冷めた方が切りやすく味もなじむ。
クッキングペーパーは手軽だが、水分が中にこもるのが残念な点。なので、最初からダシを少なめにする手もある。

 

【 コツ&メモ 】

*卵液の量(厚さ)で、焼き時間は違ってくるので、フライパンのクセもふくめて研究が必要。でも、こげても美味しい♪

*焼きながら、フライパンの位置を少しずつずらして、一部だけが焦げないように気を遣うと、仕上がりがより美しい。

*卵焼きだと、次の日のために前日から作り置くことをあまりしないが、伊達巻きは冷蔵庫で冷やしてもボソボソした食感にならないので、翌日のお弁当にもOK. ちゃんと火が通っていることが大切ですが!
王道は鬼すだれだけど、こだわらない方法もアリ。

*卵の厚さは自由自在。こげに注意すれば、プチサイズもできます。星形とかも…!


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください