強力粉からつくるドーナツ vol.40


【 完成すると… 】
*写真用意してる最中です。すみません…

Jpeg
Jpeg

_強力粉 300g
_薄力粉 75g
_水または牛乳~ひと肌に温める 150cc
_素精糖 30g
_ドライイースト 10g
_卵 小1個分(あいこっこの中くらいのサイズ)
_バター(マーガリン、できれば無塩) 30g
_真塩 小さじ1

◇トッピング用(お好みで)◇
_チョコ
_素精糖粉糖
_シナモン
_アーモンドダイス 等

分量はいつも、あくまでも目安です。

 

【 つくり方 】

(1)ボールに強力粉、薄力粉、素精糖、真塩、卵、イースト、バターの順で入れて、よくこねる。
第一発酵は35℃で40~50分。
ボールには油をひいて、2倍くらいに膨らむまで、ゆっくりと時間をかける。
表面が乾燥しないように、シャワーキャップやラップなどで密閉する。

(2)ガス抜きし、12等分に丸め10分間休ませる。
このベンチタイムを取ることで、生地ののびがよくなる。

(3)丸めた生地を軽くつぶして、真ん中に穴をあける。両手の人差し指で、その穴を押し広げるようにしてドーナツ状に形をつくる。
形をつくったら、乾燥しないように休ませる。
(ここで2次発酵をさせてもよいが、急ぐ場合には必ずしもしなくてもよい。
一次発酵がきっちりしてあることが、重要!)

(4)揚げ油は150℃程度の低温で。
油に入れた後も膨らむので、入れ過ぎにならないように注意する。

(5)両面をきつね色になるまで揚げたら、バットでよく油を切る。

(6)トッピングはお好みで。
粉糖やシナモンシュガーは比較的熱いうちに、チョコはある程度さめてから。

 

【 コツ&メモ 】

*生地を切り分けるときには、ちぎらず(ちぎると、食感がボソボソになってしまう)、スケッパーや包丁で切るようにする。

*一次発酵をきちんとさせることが成功の秘訣!

*生地を平らにのばしてドーナツ型に型抜きする方法もあるが、ロスが多く、そのたびに生地に触ることになるので、デイリーに作るにはこの方法がおすすめ。ベーグルにも応用できます。

*揚げ油が高温になってくると、揚げあがりの表面がゴトゴトになってしまう。表面だけこげて、中が揚げ足りない状態を防ぐためにも、低温をキープする。

*スケッパーは必需品。パン作りを始めたい人はぜひお求めを。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください