消費材 de 元気あんぱん vol.41


【 完成すると… 】
*写真用意してる最中です。すみません…

 

【 めやすの材料 】(10個分)
_強力粉 250g
_牛乳~ひと肌に温める 125cc
_素精糖 30g
_ドライイースト 5g
_溶き卵 2分の1個分(あいこっこの中くらいのサイズ)
_バター(できれば無塩。マーガリンでもOK。有塩のときは、真塩の量を調整して) 25g
_真塩 小さじ2分の1
_あん 300g
_照り卵 少々

(・チョコペン or 生チョコスプレッド)

分量はいつも、あくまでも目安です。

 

【 つくり方 】

(1)ボールに強力粉、素精糖、真塩、卵、イースト、バターの順で入れて、よくこねる。
第一発酵は35℃で40分。ボールには油をひいて、2倍くらいに膨らむまで、ゆっくりと時間をかける。
オーブンの発酵機能を使ったり、さらに大きなボールに湯をはったものに浮かべたりして、温度を保つ。
その際、表面が乾燥しないように、ラップやシャワーキャップなどで密閉する。

(2)生地の中央を軽く押してガス抜きし、10等分に丸め10分間休ませる。
このベンチタイムを取ることで、生地ののびがよくなる。
また、切るときには、生地をちぎらないようにして、包丁やスケッパーで切り取るように。

(3)直径8センチの円形に伸ばして、あんを押し込みながら包む。
包んだときの閉じ面を下にする。

(4)天板に並べる。(お好みで、生地の中央に、塩出しした桜の塩漬けを押し込んだり、けしの実を散らしたりする。)
第二次発酵は35℃で40分。

(5)あらかじめ190℃に温めておいたオーブンで15分焼く。
ガスのコンベックオーブンならば、180℃で13分程度焼く。

 

【 コツ&メモ 】

*(2)で10等分した後に、さらにそれぞれを、顔・鼻・ほっぺに切り分ける。丸め直して10分休ませる。
(3)あんを包んだ後に、中央に鼻とほっぺ用に浅くくぼみを作って、鼻とほっぺをくっつける。
鼻やほっぺが高くなりすぎないように、上から少し押し付ける。
でないと、焼いている最中に生地がだれて、顔からスライドしておちてしまう…(^^;

*(5)で焼き上がったら、粗熱を取り、チョコペンや生チョコスプレッドをつかって顔を描く。

*第2次発酵の最中に、つけた鼻やほっぺが落ちてしまうときには、丸ごとカップに入れて焼く手もある。

*スケッパーは必需品。パン作りを始めたい人はぜひお求めを。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください