紅玉アップルパイ vol.43


【 完成すると… 】
*写真用意してる最中です。すみません…

 

【 めやすの材料 】(6~8個分あるいは20センチ型1枚、もしくは10cm×20cm)

_りんご(紅玉) 中2個
_素精糖またはビートグラニュー糖 大さじ1
_真塩 少々
_国産レモン果汁もしくはりんご酢(あれば) 大さじ1
_シナモン 小さじ1/2~2(完全にお好みで)
_パイシート 2枚

分量はいつも、あくまでも目安です。

 

【 つくり方 】

(1)りんごは皮をむいて8つ割りにして芯を除いたら、1.5cm幅程度のいちょう切りにする。
ざくざくでOK.
あるいは、角切りにしてしまっても可愛らしい。火のとおり加減と調理時間との調整で。

(2)鍋にりんご、グラニュー糖、真塩、レモン汁を入れて10分ほどおき、りんごから水分が出てきたら中火にかける。
ときどき混ぜながら水分を飛ばすように煮て、シナモンを加えて混ぜ、粗熱をとる。
保冷剤等を当てて急速に冷ますと、香りが飛ばない。
どの程度で火からおろすかはお好みで、くたったとしたのがよいか、あるいは、サクッとした食感が残るのが良いか。

(3)冷凍のパイシートを室温に出し、麺棒で薄く伸ばして、パイシートを二等分する。
一方は、中央に2㎝おきに包丁で切り込みをいれる(パイのフィリングが、生地の隙間から見えて美味しそうな状態を作るため。)

(4)水気をきり、ある程度さました2をパイ生地の上に並べる。
上に、切りこみを入れた生地をのせる。端をフォークで丁寧に押さえて、中身が出ないように。
パイが重なる部分に卵をぬったり、フィリングのジャム状の水分を塗ると、端っこまで美味しい♪

(5)200℃に熱したオーブンで20~35分焼く。
(200℃で10分、その後180℃で10分ならなお可!)
トースターで焼くときは、パイのふくれすぎによる焦げ付きに注意しながら、12~15分程度。

 

【 コツ&メモ 】

*表面をつやっとさせたければ、溶き卵をはけでぬる。
もしくは、あんずジャムなどを白ワインで少々のばすか、温めるかして、はけでぬる。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください